東方ミスチル合同

コンセプトを支えるもの3 「生と死の螺旋」

合同全体の「FESTA」というコンセプト。
そこには3つ、大事な言葉を盛り込んでいます。
ひとつが「奇跡」
ひとつが「神霊(みたま)」
ひとつが「生と死の螺旋」。

前回は「神霊’みたま)」についてお伝えしました。
今回はみっつめ、「生と死の螺旋」。

なんだか怪しい話になってきてないか……。

続きを読む »

スポンサーサイト



コンセプトを支えるもの2 「神霊(みたま)」

合同全体の「FESTA」というコンセプト。
そこには3つ、大事な言葉を盛り込んでいます。
ひとつが「奇跡」
ひとつが「神霊(みたま)」。
ひとつが「生と死の螺旋」

前回は「奇跡」についてお伝えしました。
今回は「神霊(みたま)」についてです。

続きを読む »

コンセプトを支えるもの1 「奇跡」

前回は「FESTA」というコンセプトをお伝えしました。
ただのどんちゃん騒ぎではない、ということも。

「FESTA」には3つ、大事な言葉を盛り込んでいます。
ひとつが「奇跡」。
ひとつが「神霊(みたま)」
ひとつが「生と死の螺旋」

今回はそのうちの「奇跡」について書こうと思います。

続きを読む »

コンセプトができるまで

このあいだ、担当曲のリストを発表しました。
全20作品……かなり多いけれど、単純に「バラエティ豊かです!」と言うつもりはありません。
この合同が目指すところは「いろんな作品が集まって、ひとつのアルバムを作る」ということです。

だから、この企画にひとつ、コンセプトがあった方がいいなあ。
どう思って、この合同を一言で表す単語を見つけたのです。

それが 「FESTA」 です。

「FESTA」とはイタリア語で「祭り」という意味。
つまり、コンセプトは祭り……

……なんですが、どんちゃん騒ぎの祭りとはちょっと違います。

「音楽アレンジがあって、イラストがあって、小説もあるってなんて豪華なんだろう。お祭りだお祭り!」
とぱっと見たとき思った方もいるかも。
実際、こんなことは多くないでしょうが、お祭り騒ぎじゃないんだ! と言うことは強く言っておきたい。
主催の私が「お祭りだ!」と最初喜んでいたのは、まあ棚に上げておいて。

続きを読む »

 | ホーム |